AEエンジョイ勢

主にAfterEffectsの話をします

322_RepeatedItemChecker

プロジェクト内の重複アイテムを検索するAEスクリプト

ScriptUIPanels。

配布場所:http://bit.ly/2opMnQQ

f:id:mitsuji3244:20191011215703p:plain

更新履歴

◆200225 行方不明アイテムが存在していた際の検索不具合修正。

◆191012 「Unuse Seq」不具合修正。

◆191011 機能&レイアウトのアップデート(旧作はoldへ移動)。

◆171103 連番違い検索の選択不具合修正。

◆151204 起動後別aepを開き直した際に正しく動作しなくなる不具合を修正。

 

使い方

・「All Item」&「Comp」&「Folder」&「Footage」

検索対象を指定します。

それぞれ全アイテム、コンポ、フォルダ、フッテージに該当します。

 

「Check and Select」

オンにすると、検索処理と同時にプロジェクトパネル上で対象アイテムを選択状態にします。

 

「Shifted Seq」

「Footage」選択時のみ有効可。

同名で読み込み違いのシーケンスファイルを検索します。

分かりにくいデータは悲劇をもたらす。

※例:コンポ_[0000-0031].png と コンポ_[0000-0050].png

 

「Unuse Seq」

「Footage」選択時のみ有効可。

タイムライン上で未使用(非表示)になっている箇所があるシーケンスファイルを検索します。

重複検索じゃないですがおまけで追加。

 

「Check」

検索処理の実行ボタンです。

結果を下欄に取得します。

記述は基本的に下記の形式になります。

//――――――――――――――――――――――

 / - 検索対象 - /

 アイテム名

//――――――――――――――――――――――

 

「Unuse Seq」選択時のみ、下記の形式になります。

//――――――――――――――――――――――

 / - Unuse Seq - /

 <検索数>コンポ名 - <レイヤ番号> アイテム名

//――――――――――――――――――――――

 

 

///AE2019で動作確認///