AEエンジョイ勢

主にAfterEffectsの話をします

322_WorkAreaChanger

プロジェクトパネルで選択中のコンポのワークエリアを一括変更するAEスクリプト

ScriptUIPanels。

配布場所:http://bit.ly/2pTKcp3

f:id:mitsuji3244:20200315223513p:plain

更新履歴

◆200315 「Reset」追加&トリミング動作修正(ロックされたレイヤの処理)。

◆191014 レイアウト微修正。

◆191013 エラー発生時の「Start:」&「End:」欄初期化処理を削除。

◆191012 機能&レイアウトのアップデート(旧作はoldへ移動)。

◆171115 終了値における一括処理の不具合修正。

◆171030 ワークエリア(1f)設定時の誤差修正。

◆160217 マーカー付きトリミング有効化&入力値判定修正。

◆160108 CS4以前用にレイアウトだけ微調整。

◆151220 マーカー生成の誤差、見た目のズレ修正。

◆151204 起動後別aepを開き直した際に正しく動作しなくなる不具合を修正。

◆151127 トリミングでエリアが稀におかしくなるバグ修正。

 

使い方

「Start:」&「End:」

「Start:」欄にワークエリアの開始値、「End:」欄に終了値を入力します。

値は現在の時間表示形式に準じます。

 

「Get」&「Set」

「Get」ボタンで選択中のコンポ(複数選択時は頭のコンポ)から、ワークエリア値を「Start:」&「End:」欄に取得します。

「Set」ボタンで選択中の全コンポに、「Start:」&「End:」欄の値でワークエリアを設定します。

値は時間表示形式に準じている為、異なる形式の値を設定すると失敗します。

時間表示形式に合わせた値で設定して下さい。

 

「Reset」

ワークエリア値を初期値にリセットします。

 

「Trim Comp to Work Area」

選択中のコンポのデュレーションを各ワークエリアでトリミングします。

 

「Add Marker」

オンにすると「Set」実行時、各レイヤにマーカーを追加してどこでトリミングしたか判断しやすくします。

追加する場所はワークエリアの開始&終了値のフレームになります。

 

「+Time」

「Add Marker」選択時のみ有効可。

 追加したマーカーに時間値コメント(各レイヤの位置から換算)を付けます。

 

 

///AE2019で動作確認///