AEエンジョイ勢

主にAfterEffectsの話をします

データ整理な話③<ごちゃデータ撲滅運動>

急転直下の担当者変更通達。

準備する間もなく突然引き継いだ負のaep達。

読み込みが終わり目に飛び込む光景、そこに潜むは天国かはたまた地獄か…。

f:id:mitsuji3244:20170225170119p:plain

さて、今後の作業の明暗を分ける局面は何度体験しても筆舌に尽くしがたいスリルがありますね!

時には衝動のままモニターに拳を振るいたくなる事もあるかもしれませんが、今回はなるべく穏便にかつ手っ取り早く悪を討ち滅ぼすため、ごちゃデータを整理する際に最低限対応したい箇所&あるとはかどる必需ツールをまとめてみたいと思います!

※ただし、ツールは有料になると手軽とは言いづらいですし予算もないので、フリーのもの限定で抜粋します。


続きを読む

エフェクト練習②

vimeo.com

再びParticular。もうしばらくはParticularはいいかな…。

ただ放射状に飛ばす程度の簡単なお仕事です。


続きを読む

フッテージの再読み込みで楽がしたい

エフェクトやらプリコンポやら要素を盛っていくと、当然ですが次第に処理が重くなってきます。

なので自分は頃合いを見てプリレンダして固めたりするのですが、優柔不断と計画破綻によるトライ&エラーは往々にしてあるものです(´_丶)

f:id:mitsuji3244:20161009005659p:plain

そこでプリレンダした素材を手直しして再レンダリングして上書き、という工程が発生する訳ですが、 ただ上書きしただけではAE上では反映されないので、フッテージの再読み込み操作を行う必要があります。

再読み込みは下記の方法で可能です。

(公式ヘルプ参照:After Effects でのフッテージアイテムの読み込みと変換


続きを読む

Expression Tips①<isDuration>

AEにおける時間値(秒)をフレーム数に変換したい場合、単純に時間値をそのコンポのフレームレートで掛ければ得る事が可能ですが、下記の表記でもOKです。

timeToFrames(t, fps, isDuration)
//以下は引数の初期設定
//t = time + thisComp.displayStartTime, 
//fps = 1.0 / thisComp.frameDuration, 
//isDuration = false

引数は省略可なので、例えばシンプルにtimeToFrames()等と書くだけでササッとフレーム数を得られます。


しかし、このように変数を端折った楽チンな書き方が原因で自分は一度悩まされた経験があり、以後は極力使わないように気をつけています。

今回はこれの検証を兼ねた覚書を記事にしたいと思います。


続きを読む

モーション練習③

vimeo.com

尺短い小物でも定期的に何かしら出していくのが大事かなって。


え?こういう意味不明なのより音付きのMV的なシャレオツなのが良いって?

……せやな!


続きを読む

エクスプレッションを一括管理

エクスプレッション、便利ですよね。

規則的な図形を描いたりランダムに動かしたり、まさに用途は無限のようです。

f:id:mitsuji3244:20160728081333j:plain

ですが、便利だからと言って複雑な式を多用し過ぎると、作業引き継ぎで細かく説明が必要になったり管理が面倒だったり、不慮の記憶喪失で途方に暮れてしまう可能性も否定できません…。

そこで、多用するエクスプレッションはなるべく統合しちゃいましょう。

今回は2パターンの方法をご紹介しますが、ここでは後者の方法②を推奨しています(理由は後述)。


続きを読む

322_SelectedLayers_Output(Photoshop)

選択中のレイヤーを指定形式で一括出力するPhotoshopスクリプト

飛び飛びでの選択や、非表示中のレイヤーでも出力可能。

出力ファイル名はレイヤー名と同一になります。

なので必要ならこちらのリネームスクリプトとの併用がオススメ!

3223244.hatenablog.com
現状はPNG、TGA、JPGの各形式に対応済み。

設定は標準の「別名で保存」機能に該当します。

配布場所:https://goo.gl/HB7LNO

f:id:mitsuji3244:20160713004407j:plain


続きを読む

エラー画面活用例

ユーザーを悩ますエラー画面達を有益な資源として活用する事によって、少しでも嫌悪感を軽減出来ないかという試みです。

というのは嘘で何となく収集してた物が結構な量になってきてごみ処分アレンジして壁紙にしてみました!

奇特な方はご自由にお使いください。

f:id:mitsuji3244:20160711021201p:plain

大きすぎて圧縮されちゃう様なのでこちらで。

https://goo.gl/e5faJt

(1500*500px/Twitter推奨サイズ)

続きを読む

エフェクト練習①

vimeo.com

もう大分見飽きてきたんじゃないかこれ…?

ParticularはいつもTurbulence Fieldに頼りすぎ感あるなぁ。


続きを読む

読み込みアイテム名のリセット縛り現象

かれこれAEを触り始めてからずっと疑問な、皆さんどうしてるんだろうと地味に気になり続けている事を書こうと思います。

何となく、今更聞くのが恥ずかしいレベルの愚問のような雰囲気を感じるのですが、職場のAEユーザーに聞いてもスマートな解決法が分からなかったので、ブログに逃げる事にします( ´=`)



①とりあえず何でもいいのでアイテムを読み込みます。
(下図では「Comp1」のプリレンダ連番を用意しています)

f:id:mitsuji3244:20160229235223j:plain

続きを読む

322_MarkerKey_MultilineEditor

タイムラインパネルで選択中のレイヤーのマーカー、選択中のプロパティのキーフレームを追加するAEスクリプト

ScriptUIPanels。

以前のをマーカー&キーフレームに適用出来るように改造しました。

つまりAE内でAA(ドット絵)が書けるよ!やったね!

配布場所:https://goo.gl/kuVCJW

f:id:mitsuji3244:20160228212242p:plain


更新履歴

◆170526 Tabキー操作における不具合(パネル要素の順番)修正。


続きを読む

322_InOutController

タイムラインパネルで選択中のレイヤーのイン・アウトを操作するAEスクリプト

ScriptUIPanels。

配布場所:https://goo.gl/Tgg2Pg

f:id:mitsuji3244:20170407150225p:plain


更新履歴

◆170225 レイアウト微調整。CC2015に合わせた差分(***_CC.jsxbin)を追加アップ。

◆160229 「Set」の下限値を修正。

◆160227 プロジェクトパネル対象時の「Add」「Set」「Move」の挙動を修正。


続きを読む

AE Scripting③<UIパネル比較>

AEのUIパネルでは、たとえ同じ座標値であってもバージョンによってレイアウトに思わぬズレが起こったりする事がままあります。

f:id:mitsuji3244:20160728083406j:plain

自分の場合、使用に支障が出ない程度であれば気づいても敢えてスルーする事がありますが、それでもやっぱり気にはなるもので…。


でも実際どの位異なるものなのか分からなかったので、手近な所で画像をキャプってくらべてみました。

実験台は現配布物の中で最もボタン数が多く、カオス感が非常にあるこちら!

3223244.hatenablog.com
では早速ズバッといってみましょう。

あんまり古い物は手元に無かったのでCS4以降です。


続きを読む

コンポジションの背景色に気をつける

最終的にスクリーンや加算で重ねる想定のエフェクト素材が必要だとします。

f:id:mitsuji3244:20160129234140j:plain

※例:出力前のプレビュー

 

アルファありの状態で出力しても別に良いのですが、どうせならファイルサイズを小さくする為にアルファ無しで出力しようと思う訳です。

そうすると。

 

続きを読む

データ整理な話②<プロジェクトの整理な話>

データ整理、してますか?

たまにベテランさんからデータを引き継いで作業をしていると、そのあまりの綺麗さにテンションが上がりとても豊かな気持ちになれます…。

仕事で作品のクオリティを求められるのは当然ですが、他作業者と共同制作をする環境にいると、分かり易いデータ作りに対しても重要性を身にしみて感じますね。

 

f:id:mitsuji3244:20160126000917j:plain

さて、AEの参考書やチュートリアルサイトを見ていたりすると必ずと言っていい程紹介されている機能に「プロジェクトの整理」があります。

スクリプト的に言うと「reduceProject」もしくは「executeCommand(2735)」ですね。

だからどうしたと言うか、敢えてスクリプトで呼び出す機会なんて出くわした事が無いですし今後も無さそうな気がしますが、それでも一応言いたくなる位のド定番機能です。

 

もはや言うまでもなく、不要な素材を一気にお掃除してくれる便利機能なのですが

この機能には実は穴があります。

 

続きを読む